スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011.2.9】 公開シンポジウムのおしらせ

厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業3班合同公開シンポジウムが開催されます。
Menkes病、occipital horn症候群、小児神経伝達物質病、エカルディ‐グティエール症候群をテーマに、各難病疾患専門家の講演に加え、患者家族からの要望のお時間もいただいています。
希少難病への理解を少しでも深めていただく機会になればと思います。皆様のご出席をお待ちしております。

『難病・希少疾患を理解し克服する』
【日時】 平成23年2月27日 午前11時〜午後4時
【会場】 帝京大学講堂本部棟4階、第1会議室
      東京都板橋区加賀2丁目11-1
【テーマ】難病・希少疾患の理解と克服
 (1)Menkes病・occipital horn症候群の調査、診断と治療
 (2)小児神経伝達物質病の診断と治療
 (3)エカルディ‐グティエール症候群等のビオプテリン代謝異常を伴う疾患の診断と治療
 (4)難病・希少疾患の家族からの要望
【定員】 100名
【参加費】 無料(事前申し込みが必要です。下記宛てにFAXでお申し込み下さい。)
    FAX:03-3579-8212(帝京大学小児科:厚生労働省難治性疾患合同シンポジウム宛て)
【主催】
・Menkes病・occipital horn症候群の実態調査、早期診断基準確立、治療法開発(研究代表 帝京大学 教授 児玉浩子)
・小児神経伝達物質病の診断基準の作成と新しい治療法の開発に関する研究(研究代表 大阪市立大学 教授 新宅治夫)
・Aicardi-Goutières症候群等のビオプテリン代謝異常を伴う疾患の診断方法確立および治療法開発のための横断的研究
 (研究代表 東京工業大学 教授 一瀬 宏)

第1部 児玉班:11:05〜12:20 座長 児玉 浩子(帝京大学医学部小児科 教授) 
①難治性疾患克服事業「Menkes病・occipital horn症候群の発症頻度、早期診断法、治療法開発」の意義
 演者:児玉 浩子(帝京大学医学部小児科)
②Menkes病・occipital horn症候群の実態調査報告
 演者:藤澤 千恵(帝京大学医学部小児科)
③Menkes病モデルマウスでの新規治療の検討報告
 演者: Wattanaporn Bhadhprasit(帝京大学医学部小児科)
④Menkes病の新規治療の治療効果とmicroPETを用いた分子イメージングの研究
 演者:武田 泰輔(大阪市立大学医学部小児科学)
⑤Menkes病・occipital horn症候群の新規治療の効果・問題点
 演者:小川 英伸(帝京大学医学部小児科)
昼食:12:20〜13:20
第2部 新宅班:13:20~14:20 座長 新宅 治夫(大阪市立大学医学部小児科学 教授)
①難治性疾患克服研究事業における小児神経伝達物質病の戦略的意義
「世界に先駆けた日本発の革新的医薬品の創出を目指して」
 演者:新宅 治夫(大阪市立大学医学部小児科学) 
②瀬川病の病態におけるドーパミンとセロトニンの役割
「発達期における脳のプテリジン代謝の役割」
 演者:瀬川 昌也(瀬川小児神経クリニック)
③ AADC欠損症の臨床症状
「先天性脳内ドーパミンとセロトニン欠乏による特異症状」
 演者:加藤 光広(山形大学医学部小児科) 
④ SSADH欠損症の臨床症状
「神経伝達物質GABAの異常による発達脳の障害」
 演者:夏目 淳(名古屋大学医学部小児科) 
第3部 一瀬班:14:20~15:20 座長 一瀬 宏(東京工業大学大学院生命理工学研究科 教授)
①ジストニアの分類と治療の現状について
 演者:長谷川 一子(国立病院機構相模原病院)
     豊島 至(秋田大学医学部医学教育センター)
②モデルマウスから神経活動を記録することによりジストニアの発症機構を解析する
 演者:南部 篤(自然科学研究機構生理学研究所)
③ビオプテリン代謝異常モデルマウスを用いたジストニア発症機構の研究
 演者:一瀬 宏(東京工業大学大学院生命理工学研究科) 
第4部 患者家族会の要望 15:30~16:00 座長 山田 章子(小児神経伝達物質病家族会 代表)
① AADC欠損症:山田 章子(東京)
② SSADH欠損症:久保田 正代(千葉)
③ メンケス病:田中 智次(大阪)
第5部 総合討論 16:00~16:20 司会 新宅 治夫(大阪市立大学医学部小児科学 教授)

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。